nosi-mizuhiki-top

極めれば立派な贈りもの美人!「のし」と「水引」のルール

日本には贈り物を贈る際に「のし」と「水引」のルールがあります。お中元やお歳暮、結婚祝に出産祝……、贈り物をする場面には必ず付いてまわる難問です。行事がある度に、「のしは付けるの?」「水引は何結びだっけ?」とグーグル先生に頼っていませんか? そこで、難しいと思われがちな「のし」と「水引」のルールを簡単にまとめてみました。この難関をクリアーすれば、あなたも素敵な贈りもの美人です。日本ならではの贈り物ルール、しっかりと次の世代で繋げていきたいですね。

知っていますか?「のし」の正体

かしこまったプレゼントに、リボン結びの赤い紐がプリントされた白い紙をかぶせますが、この紙のを「のし紙」と言います。そして、のし紙の右上にある折り紙の飾り。折り畳んだ扇子のようなものを不思議に思ったことはありませんか?  この添え物の中に黄色い棒状が入っていますが、これが「のし」で正式には「のしアワビ」です。

「のしアワビ」は、伸ばして乾燥させたアワビのことで、「縁をのばす」「命をのばす」「よろこびをのばす」とされ、古くからお祝い事の贈り物とされ重用されてきました。しかし、あまりに貴重だったため、のしアワビを模した飾りを贈答品に添えるようになったのが「のし」の始まりです。やがて、その風習はさらに簡略化され、現在はのしアワビを印刷した「のし紙」が用いられるようになったのです。

のし紙は大きく分けて2種類。「のし」が付いているものと付いていないものがあります。のし付きはお祝い事、のしなしは弔事と覚えましょう。

nosi-shurui

  • 「のし」が付くもの

【用途】

慶事:御結婚祝/内祝/御祝/祝還暦/御出産祝/祝御入学/御新築祝、など

季節の贈り物:御年賀/御年始/ 御中元/御歳暮、など

  • 「のし」が付かないもの

【用途】

病気見舞:御見舞い/お見舞いのお礼、など

弔事・仏事:御供/御仏前/御霊前/志/粗供養、など

 

ただの飾りじゃない!「水引」の本当の意味

のし紙に描かれた赤い紐が「水引」です。(赤くない場合もあります)

これは「水引」と言って、贈り物が穢(けが)れないようにする、いわば結界の役目を担っています。

水引の本数は3本・5本・7本・10本と種類がありますが、5本が一般的。3本は簡単結び、7本は5本の丁寧結び、10本は基本の5本を二重にした結びで「両人と両家が互いに手を結び合った形を表す」として婚礼関係に用いられる他、弔事にも用いられることがあります。

また、行事によって色が違い、慶事であれば紅白・金銀、弔事であれは白黒・双銀・双白がなどと使い分けられるので気をつけましょう。

水引の結び方に要注意!

水引の結び方には、主に「結び切り」と「花結び」の2種類があります。それぞれ意味が異なり、行事によっては間違えると大変なことに!

 

  • 結び切り

【行事】結婚、弔事、病気や怪我のお見舞い

一度結んだらなかなかほどけない結び方です。すなわち、何度も繰り返したくないことに用いられ、結婚、弔事、病気やケガのお見舞いに関することなど。

nosi-mizukiri-muzubikiri

 

  • 花結び(蝶結び)

【行事】出産、就職、御中元、御歳暮 他

何度もほどいて結ぶことができる結び方です。何度繰り返しても嬉しい、おめでたい時に用いられます。出産祝や就職祝などの慶事(結婚以外)のほか、お中元やお歳暮などの日常的なお付き合い全般に使用されます。

nosi-mizuhiki-hanamusubi

「のし」と「水引」は日本独自の伝統。他国にない文化です

水引とのし紙の歴史は聖徳太子の時代、7世紀頃までにさかのぼります。遣隋使・小野妹子が隋(現在の中国)が帰国する際に、隋からの贈り物が掛け紙がされ、紅白に染め分けた麻の紐が結ばれていたというのが起源といわれています。その後、掛け紙に日本独自の伝統「のしアワビ」を包んで贈ることが風習となり、現在の「のし紙」のルーツとなりました。

一説には、中国では輸出品の目印に赤と白の縄をしばりつけていたのを、日本人が「めでたいもの」のしるしと勘違いし、祝儀に用いたともありますが……。

いずれにせよ、贈り物に「のし」や「水引」を用いるのは世界中で日本だけ。そして、世界の中でも、こんなに贈り物のパッケージにルールがある国も珍しいといえます。

しかし、こうした日本伝統の贈り物のカタチが、今海外から注目されています。漢字や折り紙などのブームもあってか、海外の方へ贈り物をする際に「のし紙」を掛けると、見た目にも珍しく、大変喜ばれるんだとか。ネットで「のし紙」のテンプレートを探して、オリジナルで書き換える海外の方も多いそうです。

まとめ

「ルールが面倒くさい」「もっと気軽に贈りたい」と、「のし」や「水引」を無視するのもアリだと思いますが、1000年以上も受け継がれてきた文化を絶やしてしまうのは、もったいない気もします。

難しく考えず、ご家族や友人が人生の節目を迎え、何か贈り物をする時、「そういえば、“のし”付けるのかな?」と思い出していただければ幸いです。