意外と知らない還暦のお祝いマナー

還暦のお祝いは人生の節目のお祝いで「第2の人生のスタート」とも言われています。
最近では60歳と言っても見た目もお若く元気で現役世代の方々が多くいらっしゃいますよね。

それでも大切な節目のひとつ。
ではそもそも還暦とは?

還暦という言葉は本掛還り(ほんけがえり)を意味し、十干十二支が一回りし、生まれた年の干支にもどることからつけられたものだそうです。

なので還暦祝いは六十歳の御祝い(数え年で六十一歳)に長寿を祝うという気持ちを込めて贈る贈り物。そこで今回は還暦を気持ちよくお祝いしていただくためのマナーについてお知らせします。

還暦のお祝いはいつ贈るの?

・還暦の前日までに・・・
・還暦の当日に・・・

贈る事が言いとされています。

ただし贈り物は贈る方の気持ちの問題でもあるので、贈る時期が少し贈れても「気持ちを伝える」という意味では贈る事をおすすめします。

還暦のお祝いに贈るプレゼントで気をつけるべきこと

還暦のお祝いには「赤ちゃんに還る」とか「魔よけ」などの意味から赤い色のものを贈り末永く元気で過ごせますように、との願いを込めたりします。

反対に還暦のお祝いには避けるべきアイテムがあります。
不快な思いをさせないよう贈り物は気をつけて選びましょう。

お茶は香典返しによく使われるためNG

世代で言えばお茶を好む方が多いのですが、実はお茶は香典返しによく使われることから還暦のお祝いには好まれません。
ついつい選びがちですが気をつけましょう。

美しいけど「首から落ちる!?」椿はNG

お祝いに欠かせないお花。だけど椿は避けましょう。
理由として椿の花は「首から落ちる」といった不快な連想をさせるため還暦祝いなどのお祝いの花には不向きとなっています。

「老い」を連想させる老眼鏡はMG

還暦のお祝いで気をつけるべきこととして「死」「苦」、そして「老い」を連想させないことが大切です。そこで老眼鏡はその名の通り、「老い」を連想させてしますため避けるべき贈り物アイテムのひとつです。

「勤勉さ」を表現する時計も実はNG

時計に込められる意味として「勤勉さ」が挙げられます。そのため目上の方に対する贈り物としては適さないアイテムと言われています。他にも鞄なども避けたほうがいいでしょう。

「相手を足で踏みつける」履物はNG

靴下や靴などの履物には「相手を足で踏みつける」との意味が込められているため、還暦のお祝い、目上の方へのお祝いには適していません。

お祝いの基本は「相手に喜んでもらうこと」が一番大切です。
贈る際のちょっとしたマナーを身につけてシーンに適した贈り物を選びましょう。

還暦のお祝いに喜ばれるプレゼント

還暦祝いといえば赤いちゃんちゃんこを想像される方も多くいらっしゃいますが、やっぱりもらって嬉しいものを贈りたい。そこでプレゼントボックス厳選の5品をご紹介いたします。

健康を考えて贈りたい名入れジュース/紫蘇ゴールド/記念日新聞付き/桐箱入/ノンアルコール

shiso-g

紫蘇は中国で古くから食用とされていました。紫蘇の葉はロズマリン酸という成分を含んでおり、生の葉そのものはもちろん葉を煎じたものや紫蘇ジュースなどは体にいい飲み物として最近とても人気です。健康を考えた紫蘇ジュースに、生まれた日の新聞をセットに。感謝の気持ちを込めて世界に一枚だけのオリジナルラベルを添えて贈ればとても喜んでいただけるはず。

還暦祝いの定番 赤色-鶴亀甲柄-ちゃんちゃんこ/男女兼用/フリーサイズ/二日本製

chan-60-pat

還暦の定番といえばお祝い用の赤いちゃんちゃんこですね。日本製のしっかりとした作りで還暦のお祝いの席を一層盛り立ててくれます。

還暦を華やかに祝う60本の薔薇

rose

還暦を華やかに祝うならこれ、60本の薔薇はいかがでしょうか。ボリューム、色共に圧巻の美しさです。お祝いの席がより一層華やかに演出されますね。

還暦の贈り物の熨斗どのようなものを選べばいいの?

一般的に熨斗紙の水引きは、白赤の蝶結びが選ばれます。
蝶結びは、結びが簡単に解けて何度も結び直せることから、何度も繰り返して欲しいとの願いを込めて、一般祝事、お礼・記念・行事などのお祝いに使われます。

表書きは「還暦御祝」のものを用いて下さい。

またお名前には贈り主の苗字、もしくはフルネームを記載します。

さいごに

いつまでも元気に過ごしてほしいと願って祝う還暦祝い。
相手には贈り主の敬意が伝わるようなアイテムでマナーに沿ってお贈りしましょう。