1月生まれの女性に贈るプレゼント

1月生まれの女性に贈る誕生日プレゼント5選

1年の始まり、気分を新たにする1月。春に向けて土が栄養を蓄えるように、この時期に生まれた女性は物事を育てることに長けているんだとか。勉強や仕事だけではなく、人間関係にも辛抱強く接する人が多いそうです。そんな信頼が厚い1月生まれの女性へのプレゼント。みなさんは、どのように選んでいますか?

相手の好みに合わせて、欲しがりそうなものを……。しかし、長年の付き合いになると、毎年悩んでしまうもの。

特に女性(奥様、彼女、友人など)の場合だと、プレゼント選びにはかなり気を使うのではないでしょうか。

そんな時にオススメなのが、誕生花や誕生石です。自分の生まれた月にちなんだ花や宝石に、女性は特別な愛着をもっているそうですよ。

誕生月のお花でお祝い

定番のお花のプレゼントには、1月の誕生花を選んでみてはいかがですか?

寒さ厳しい1月の誕生花には、繊細な花びらをつけた花が多いのが特徴。その中でも、素敵な花言葉を持ちプレゼントに最適な3種類と、誕生花モチーフのアイテムをピックアップ。日本にはあまり馴染みがないですが、海外だと花言葉を重視してお花を選ぶことが多いそうですよ。

1月のお花① スイセン

スイセンは漢字では「水仙」と書き、英名を「ナルシサス」といいます。花言葉は「自己愛」「うぬぼれ」と、贈り物には適さないように思われがちですが、花言葉の意味を変えればとても素敵な贈り物になったりします。例えば、無理をしがちな友人に「自分を大切にしてね」という意味で送る方もいるそうですよ。 水仙は高貴な香りがし、見た目もとっても可憐なお花です。素敵なメッセージを添えて贈ってみてはいかがでしょうか?

【sasakihitomi】すいせんのピアス アシンメトリー シルバー 18金コーティング 2個セット

水仙のピアス

スイセンのスラっとした葉と茎のフォルムが印象的なピアスです。1つはスイセン1輪、もう1つは葉っぱがモチーフとなっており、アシンメトリーなバランスがとってもおしゃれ。シルバーとゴールドの2色使いで立体的で可愛いアイテムに仕上がっています。大人っぽいデザインなので洋服はもちろん、和服にも似合いそう。

1月のお花② シンビジウム

シンビジウムの花名はギリシア語で「ボート」を意味し、ラン科独特の花びらの形に由来するといわれています。シンビジウムの花色は、原色が少なく中間色が多いのが特徴。同じラン科のカトレアやコチョウランに比べて落ち着いた色合いで、シーンを選ばず贈ることができ、プレゼントとしても人気の花です。シンビジウムの花言葉は「飾らない心」「豪華」。

【クリスタルシンビジウム:パールホワイト】プリザーブドフラワー

1gatu-sinbijiunu

貴重なプリザーブドフラワーのシンビジウムと、ミラー付きクリスタルの器を使った華やかなアレンジメント。パールホワイトのシンビジウムがとっても上品です。デスクの上に飾ったり、ちょっとした場所に置ける気軽な大きさで、プレゼントにもぴったり。「お誕生日おめでとう」の気持ちを枯れないお花に託して贈ってみませんか。

1月のお花③ スイートピー

かすかな甘い香りを放つスイートピー。その花名も、スイートは香りのよいことを、ピーは豆を意味して名付けられたそう。ヨーロッパでは、甘い香りが漂うことから寝室に飾る花としてもポピュラーです。花言葉の「門出」「別離」は、花の形が今にも飛び立つ蝶のように見えることからつけられたんだとか。何か新しいことにチャレンジしようとしている女性にはぴったりのお花です。

【CARVEN】カルヴェン ル・パルファム ボディミルク

1gatu-carven

スイートピーとヒヤシンス、ジャスミンがフェミニンに香るカルヴェンのボディミルク。フレッシュでエアリーでありながら、ウルトラフェミニンな香りは優美なホワイトヒヤシンスにはじまり、小悪魔的な魅力を放つスイートピー、ジャスミンはまさに小生意気なパリジェンヌへと変化します。小悪魔的な魅力をもった彼女に贈ってみてはいかがでしょう?

次のページへ

12